ホーム >>最新情報

villeretシリーズ赤銅工程の腕時計_象の頭の神格涅(ganesh)6615 - 3616 - 55b防波堤だった

腕时计のフェイスに扮というのは頭を神格涅(ganesh)の画像、トレードマークの象の頭音盘にだった。インド教徒にとって、象の頭の神は雨戸の破すべて障害の神様であり、知恵と才识や重の神様、同時には教育の学問的な指導者である。フェイスでヒンズー教図案中心の一枚の下手なウォンカム座のがそれだ。また、時計の装飾元素を採用したダマスカス埋め込みして金プロセスを一言から詳細は全て顕彰极致ピヨたんや豪奢だった。このような精巧な工芸要求はひとまずフェイス盘面て细い歯螺旋模様は、柔らかい金属(ここに使用して、黄金の命を吹き込むのグルーブに対し、再精雕细琢に地内充金属ハンマー手筈に所定の位置に、最后には、上记のように手作業で呼ばれました。
http://www.spurwatch777.com/sumofpro/jp_20151.html



前ページ: villeretシリーズ赤銅工程の腕時計_山羊図案_chevrei_front存在している
次ページ: villeretシリーズ赤銅工程の腕時計_五针松図案_bonzai_front存在している